ラグビーW杯の図柄入りナンバープレートの申し込みで、軽自動車も白ナンバーに

絵柄の入ったナンバープレートというと、市区町村が発行する原付バイク用の「ご当地ナンバー」がよく知られていて、私が住む金沢市では雪吊りと梅鉢紋をあしらったものが交付されています。

 

今年(2017年)4月からは、日本で初めてとなる、登録自動車と軽自動車用の図柄入りナンバープレートの発行が始まっており、その第一弾として、2019年にラグビーワールドカップがわが国で開催されることを記念した特別仕様ナンバーが作られています。

 

ラグビーW杯の特別仕様ナンバーなら軽自動車でも白ナンバーになる

報道発表資料によると特別仕様ナンバーには、寄付金付きの「図柄入りナンバー」と、寄付金なしの「ロゴ付きナンバー」とがあります。

今回、国が登録自動車と軽自動車用の図柄入りナンバープレートを解禁した目的は、地域振興や観光振興、そして寄付金の活用というところが大きいようです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの特別仕様ナンバーも今後出るでしょうし、全国各地で地域らしいデザインのご当地ナンバーも生まれるでしょう。

ちなみに、直近のニュースによれば、通常は「黄色」となる自家用軽自動車のナンバーが、ラグビーW杯の図柄入り(ロゴ入り)ナンバーでは「白ナンバー」にできるということもあって、ひそかに人気が高まっているようです。

 

ラグビーW杯の図柄入りナンバープレートの申し込みは以下のサイトから行えますが、石川県内にお住まいの方(軽自動車の定置場が石川県内)であれば当事務所で代行も可能ですのでお気軽にご相談ください。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です